↓↓あなたの愛のクリックで幸せになれる人がいます
元祖ブログランキング

2005年03月09日

芸能証券 激ハマリ!!

ま、知ってるヒトは知ってますが、戦國って本職はトレーダーなんです。

↑嘘

全く手にしたこともないことはないんですけど・・・・

堀江モンの話題しかり、今まさにバブル後最高に流行ってるんじゃないかと思う株式トレード。

通信&パソコンの大幅な進化によって、昔では考えられないくらい高度な情報や解析分析力そして、 取引の高速化が図られ、知ってやっている方知らずにやってない方との差がここ数年の間に大きく差が付いたと思います。

じゃ

今からすぐ始めますって、行動力有る方・・・。株にビギナーズラックは存在しません。有るのはのみです。

何事もゲーム感覚で習熟していくのが面白くて覚えるのも早いってことで・・・

今回ご紹介するのは

'

一時、リアルにタレントやゲームを証券化することもありましたが、ここ芸能証券は全くのゲーム。

純粋にgoogleでの検索件数を株価になぞられ、世間の注目度を予想し上昇&下降の各相場を読みます。

リンクをたどると解りますが、Yahoo!ファイナンスに酷似。

取引市場も大手芸能人所属の一部・ 二部市場はじめ、これから売り出しというタレントを扱うGASDAC、お笑い専門市場、芸証ペガサス なんかもあり、 単純にネタサイトととは言い切れないほど手間暇かけて凝っています。

 

で、誰が仕掛けてるんどろうと調べると・・・

 

コレを仕掛けているのはカリン・ パートナーズという法人化間近らしいシステム関係のグループ。

プロのシステム屋さんが作ってる訳だけ有って、かなり濃い内容となっています。

今日初めて知りましたが、昨年の11月ぐらいからこのサイトはスタートしたみたいですね。

 

かなりマイナーな時期から注目していて、友人等から「戦國さんの言ってた、タレントの○○最近TV出まくりですね」と、 よく言われる(ホンマか!?)スカウターの目を持った私にとって待ちに待ったサイトといえます。

 

じゃ、注目の銘柄は・・・

 

残念ながら非上場でしたが、さくらなんかに注目。

 

最近、ここのブログで触ったタレントさんでは、滝川クリステルがGASDACにて上場中。 やはりというべきか右型上がりの上昇銘柄となっています。

よく見てると・・・

各銘柄のチャートが自分のサイトに貼れるのね。

では、ということで当ブログの右フレームに注目銘柄のチャート貼っておきます。

皆様からもお勧め銘柄ございましたら、↓コメントよろしく。

 

posted by 戦國ポラール at 19:16| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | “φ(σ_σ*)゛ メモメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社長代わると戦略も変る・・・新ネットワークウォークマン登場

 50時間再生/MP3対応「ネットワークウォークマン」

この機に及んでやっとというか・・・・

デザインの面やブランド性で、戦國アンテナには引っかかるものの、高い値段とデータ転送の 『』 の悪さで手を出しかねていたSONY製のMP3ポータブルプレイヤーであるネットワークウォークマン。

今回業績不振により、出井会長の無理心中とも言える社長交代劇を演じた世界のSONYですが、 その業績不振の原因のひとつと言われているのが、今回ご紹介するポータブルMP3プレイヤー市場戦略を間違ったこと。

と言うのも、同じ系列企業であるソニーエンターテイメンツに気兼ねしてか、 著作権保護機能の強い方式に固執しすぎて、尚かつ、 当初VAIOのオプション扱いでこの手の商品を出したりと、戦略としてかなり痛かった・・・

その間、あれよあれよという間に台湾や韓国の製品が台頭し、 キワモノだったこの手の商品をメジャーにしたのは、ご存じの通りあのアップルコンピューターでした。

世界のSONYとなり得たエポック商品のひとつに、初代ウォークマンがあるんですが、 どうしてウォークマンがあれだけ流行ったのか・・・。それは他ならぬレコードから録音(このころはコピーではなく録音ね) された楽曲をお手軽に持ち運べて何処でも聴けるという『自由さ』に他なりません。

しかも、学生達がお小遣い程度で何とか買える値付けにした点も大きかった・・・

SONYはその初心を忘れてしまって大きな痛手を被ったわけですが、 今回発表された新ネットワークウォークマン NW-E505/E507 ・ NW-E405/E407  NW-E103/E105/E107 はその初心を思い起こされるモデルとなっています。

スペック等の詳細は こちら

やっぱり、世界のSONY・・・本気になったら怖いです。

今までのネットワークウォークマンに勝るとも劣らず、他社には見られない小洒落たデザイン、 そして1GB搭載モデルで予価2万円なりの設定は初代ウォークマン復活と見ていいんじゃないでしょうか。

 

とは言うものの・・・

 

やっぱり、あの痛い SonicStage 経由での転送しか出来ない・・・

MP3の転送もやっぱりOpen MG形式に変換してでの転送しか出来ないなど、 トホホな悪しき盲腸はしっかり残っていますが、この価格とデザインならと納得できる仕上がりです。 (バスマスタに対応してくれれば100点満点)

ちなみに、参照記事中にもありましたが、今回発表されたトップグレードモデルには、 SONYの直販サイトであるsony style限定モデル『 ソニステ仕様』も存在。

コレまでネットワークウォークマンはスルーし続けてきた戦國も、 今回だけは こちらよりエントリーしてしましました。

SONYがこっち方面に真剣になった(ならざるを得ない状況になった?) 点について心から歓迎したいと思います。

posted by 戦國ポラール at 06:08| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | ビックリネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お疲れ様でした・・・お疲れついでにクリックして下さいな blogRanking

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。