↓↓あなたの愛のクリックで幸せになれる人がいます
元祖ブログランキング

2005年03月12日

結構ハマル GOOGLE GOLF

機能に引き続いてのGoogle絡みのネタ。

今回紹介するのは、Googleを利用したミニゲーム

   GOOGLE GOLF

(←何故か上手く動きません、本家へGO)

ルールは簡単、テキストボックスに適当な検索語を入力。 その検索語に対するヒット件数がそのまま飛距離となります。

実際に」プレイすると解りますが、 リアルなゴルフと違い距離が短くなればなるほどカップインが困難になります。

コレに近いゲームを関西のラジオ局が毎週1コーナーとして取り上げてやっていますが、 お笑い芸人が選ぶ検索語は、笑える要素も必要なので、選定はよりシビアになってますけど。

ま、リアルなゴルフと同じく、 コレと言った決め技的検索語を見つけられれば結構スイスイプレイできるんでしょうが・・・

あえて、 同じ検索語は使わないというマゾヒスチックな事故ルール下でプレイするのが大人ってモンです。

この週末、戦國はお仕事ですが、悠々自適な週末をお過ごしなアナタへ・・・

戦國同様、結構ハマルかも・・・

posted by 戦國ポラール at 00:21| 兵庫 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

googleの新サービス

 もう1つの日本語新サービス「Googleアラート」

ネタにはしなかったんですが、Googleから日本語新サービスが2つ始まりました。

ひとつは、昨日ぐらいから結構取り上げられている『Googleサジェスト』。こちらは、 携帯電話でおなじみ候補予測が使える新検索サービス。

リンクをたどって頂くと解りますが、検索文字を入力するとFEPの確定を待たずに、 検索文字候補が次々と表示されていきます。

ま、コレはコレで便利かなとも思っていましたが・・・・

より強力な新サービスがこっそり開始されていました。

どっちかと言えばこっちが本命とも思える新サービスは・・・

 

 

googleアラート(ベータ版)

 

技術としてはかなり昔からあってクリッピングサービスとも言いますが、無料で利用でき、 且つ優秀なBOTを世界中に発信しているGoogleからのサービスと有って俄然期待大です。

細については、 リンク先の記事にお任せするとして、 早速戦國も こちらからエントリーしました。

設定できるキーワード数も20個と過不足無い数。

明日以降、選んだキーワードからどんなネタをGoogleが拾ってくるか期待大です。

あまりにもとっちらかったモノしか拾ってこなかったら・・・編集して切っちゃえばOK。

さて、皆さんはどんなキーワードを設定するんでしょうか・・・(コレを知るのが新サービスの本来の目的なのかも・・・)

posted by 戦國ポラール at 22:30| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | “φ(σ_σ*)゛ メモメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

芸能証券 激ハマリ!!

ま、知ってるヒトは知ってますが、戦國って本職はトレーダーなんです。

↑嘘

全く手にしたこともないことはないんですけど・・・・

堀江モンの話題しかり、今まさにバブル後最高に流行ってるんじゃないかと思う株式トレード。

通信&パソコンの大幅な進化によって、昔では考えられないくらい高度な情報や解析分析力そして、 取引の高速化が図られ、知ってやっている方知らずにやってない方との差がここ数年の間に大きく差が付いたと思います。

じゃ

今からすぐ始めますって、行動力有る方・・・。株にビギナーズラックは存在しません。有るのはのみです。

何事もゲーム感覚で習熟していくのが面白くて覚えるのも早いってことで・・・

今回ご紹介するのは

'

一時、リアルにタレントやゲームを証券化することもありましたが、ここ芸能証券は全くのゲーム。

純粋にgoogleでの検索件数を株価になぞられ、世間の注目度を予想し上昇&下降の各相場を読みます。

リンクをたどると解りますが、Yahoo!ファイナンスに酷似。

取引市場も大手芸能人所属の一部・ 二部市場はじめ、これから売り出しというタレントを扱うGASDAC、お笑い専門市場、芸証ペガサス なんかもあり、 単純にネタサイトととは言い切れないほど手間暇かけて凝っています。

 

で、誰が仕掛けてるんどろうと調べると・・・

 

コレを仕掛けているのはカリン・ パートナーズという法人化間近らしいシステム関係のグループ。

プロのシステム屋さんが作ってる訳だけ有って、かなり濃い内容となっています。

今日初めて知りましたが、昨年の11月ぐらいからこのサイトはスタートしたみたいですね。

 

かなりマイナーな時期から注目していて、友人等から「戦國さんの言ってた、タレントの○○最近TV出まくりですね」と、 よく言われる(ホンマか!?)スカウターの目を持った私にとって待ちに待ったサイトといえます。

 

じゃ、注目の銘柄は・・・

 

残念ながら非上場でしたが、さくらなんかに注目。

 

最近、ここのブログで触ったタレントさんでは、滝川クリステルがGASDACにて上場中。 やはりというべきか右型上がりの上昇銘柄となっています。

よく見てると・・・

各銘柄のチャートが自分のサイトに貼れるのね。

では、ということで当ブログの右フレームに注目銘柄のチャート貼っておきます。

皆様からもお勧め銘柄ございましたら、↓コメントよろしく。

 

posted by 戦國ポラール at 19:16| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | “φ(σ_σ*)゛ メモメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社長代わると戦略も変る・・・新ネットワークウォークマン登場

 50時間再生/MP3対応「ネットワークウォークマン」

この機に及んでやっとというか・・・・

デザインの面やブランド性で、戦國アンテナには引っかかるものの、高い値段とデータ転送の 『』 の悪さで手を出しかねていたSONY製のMP3ポータブルプレイヤーであるネットワークウォークマン。

今回業績不振により、出井会長の無理心中とも言える社長交代劇を演じた世界のSONYですが、 その業績不振の原因のひとつと言われているのが、今回ご紹介するポータブルMP3プレイヤー市場戦略を間違ったこと。

と言うのも、同じ系列企業であるソニーエンターテイメンツに気兼ねしてか、 著作権保護機能の強い方式に固執しすぎて、尚かつ、 当初VAIOのオプション扱いでこの手の商品を出したりと、戦略としてかなり痛かった・・・

その間、あれよあれよという間に台湾や韓国の製品が台頭し、 キワモノだったこの手の商品をメジャーにしたのは、ご存じの通りあのアップルコンピューターでした。

世界のSONYとなり得たエポック商品のひとつに、初代ウォークマンがあるんですが、 どうしてウォークマンがあれだけ流行ったのか・・・。それは他ならぬレコードから録音(このころはコピーではなく録音ね) された楽曲をお手軽に持ち運べて何処でも聴けるという『自由さ』に他なりません。

しかも、学生達がお小遣い程度で何とか買える値付けにした点も大きかった・・・

SONYはその初心を忘れてしまって大きな痛手を被ったわけですが、 今回発表された新ネットワークウォークマン NW-E505/E507 ・ NW-E405/E407  NW-E103/E105/E107 はその初心を思い起こされるモデルとなっています。

スペック等の詳細は こちら

やっぱり、世界のSONY・・・本気になったら怖いです。

今までのネットワークウォークマンに勝るとも劣らず、他社には見られない小洒落たデザイン、 そして1GB搭載モデルで予価2万円なりの設定は初代ウォークマン復活と見ていいんじゃないでしょうか。

 

とは言うものの・・・

 

やっぱり、あの痛い SonicStage 経由での転送しか出来ない・・・

MP3の転送もやっぱりOpen MG形式に変換してでの転送しか出来ないなど、 トホホな悪しき盲腸はしっかり残っていますが、この価格とデザインならと納得できる仕上がりです。 (バスマスタに対応してくれれば100点満点)

ちなみに、参照記事中にもありましたが、今回発表されたトップグレードモデルには、 SONYの直販サイトであるsony style限定モデル『 ソニステ仕様』も存在。

コレまでネットワークウォークマンはスルーし続けてきた戦國も、 今回だけは こちらよりエントリーしてしましました。

SONYがこっち方面に真剣になった(ならざるを得ない状況になった?) 点について心から歓迎したいと思います。

posted by 戦國ポラール at 06:08| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | ビックリネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

チャリンカー、tarecyanまとめサイト

 tarecyanまとめサイト

チャリンカーって?

一般的には『自転車操業者』とでも言うか・・・

今回のケースでは、ネットオークションで在庫も持たず出品して注文をとりまくり、 落札されたお金で商品購入。そして、落札者全員に商品発送するでなくお金取るだけとって発送がヤバクなるやバンザイとなるようです。

こう書くと、今流行のネット詐欺と思われるかも知れませんが、このtaracyanはちょっと違う・・・。

どうやら、一般常識が通用しないフワフワフゥ〜みたいです。

そのtarecyanって・・・

有る筋では結構盛り上がっていたみたいですが、かなり個性のキツイチャリンカーさんだそうです。

ことの経緯はこちらを参照。

私の座右の銘でもある哲人ゲーテの言葉『活動的な馬鹿より恐ろしいものはない』 をまさに地でいくようなヒトみたいです。

たぶん、基本的なところで大きな間違い起こしているんでしょうね・・・

ここのフラッシュ見て頂くとよくわかると思いますが、 現実と妄想のボーダーラインが希薄というか・・・

でもね

活動的な馬鹿は悪い事じゃないよ!!

要はその馬鹿のやり方。

多かれ少なかれ、わたし戦國の知る成功者の方々は、 皆さん見事に活動的な馬鹿揃いです。

被害者の方のことを考えると、このtaracyanを擁護する気持ちはさらさらありませんが、 一度一緒に酒でも飲みたいですね。

けど、たぶんコイツは断るんだろうな・・・

で、それがtarecyan最大のウィークポイントであることに気づかず、 潜在能力を良い面で発揮させることなく凋落していくんでしょうね・・・

そう、 夢と妄想と現実のボーダーを認識しながら標榜する人たちである活動的な馬鹿ネットワークの巨大な力を知らずに・・・・

posted by 戦國ポラール at 02:49| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ビックリネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

○○の歴史

 ○○の歴史

世の中のいろんなモノの歴史をまとめているサイト。結構ボリュームがあります。

時間があったらゆっくり見て回りたいですね・・

眼鏡の歴史なんか見てみると、初めての眼鏡って、 まぶしい日差しから目を守るためのサングラスとしての用途だったみたいですね。

ま、ざっと見ただけでも長い歴史のあるモノは皆それぞれドラマが有りますね。

プロジェクトX風に番組化したら結構面白いんじゃないでしょうか・・・

強引に話し変えますが・・・

↑この新聞一面広告にはビックリ・・

ブログ界の女王『かをり』サンにもインテル入ってるんですね (舌の上のチョコにはインテル・インサイドのロゴが・・・)

一昔前なら、自薦他薦問わず、コンピューターさわれる芸能人の使用マシンと言えば、 そのお洒落感覚でかMac派多かったんですが・ ・・

posted by 戦國ポラール at 02:03| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | “φ(σ_σ*)゛ メモメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

死後の世界

オカルトチックなタイトルで、すでに何名かの人は引いているかもしれませんが・・・

昨年、寒流ブームとともにかなりブームとなった映画『せかちゅー』こと『世界の中心で愛を叫ぶ』。

ご覧になった方ならご存じでしょうが、この映画のストーリーで重要な役割を果たしたのは、 高校生時代過ごした四国の街に帰る原因となった、死後10数年後ふとしたきっかけで見つかった故人の声が入ったカセットテープでした。

遺言状しかり、このカセットテープしかり・・・・

自分が死んでしまって何かをしたい、何かを伝えたいと思うこと有りませんか?

今日、ふとしたきっかけで見つかったのは故人のカセットテープではなく、あるフリーのソフト。

そのタイトルが・・・

死後の世界

起動すると個人の記憶が思い起こされ、戦國は四国に旅立つ・・・・ってもんではなくて、これ、 PC版遺言状なんです。

コイツをパソコンにインストールすると、 一定時間パソコンにアクセスされることがないと自動でファイルの削除やメッセージが起動時に立ち上がるというユーティリティーソフト。

死んでしまって見られたくないファイルや、逆に見て貰って伝えたいメッセージってあるでしょう。

ま、それをこのソフトが実行してくれるわけ。

で、このソフトの例としてデフォルトで入っているテキストが結構キテる。

いい味出してます。

別に死後のメッセージじゃなくても、 警察や某怖い系組織に拉致られそうなときにコイツをセットしておくってのもありかと・・・。

あと2時間で自宅のパソコンに戻らないと、おまえらの欲しいファイルを自動消去され、 監禁されている事実が皆に知れる」ってなことも可能ですよね。

残念ながらこのソフトだけでは、自動でメールを出すって器用なことは出来ませんが、 HTMLのメッセージは出せるみたいですので、それなりのスクリプトを作ってHTMLに仕込んでおけば出来ないこと無いです。

簡単に死後メールを出したい場合は、有料ですが

走れメロス

と言うサービスもあります。

こちらは、自動ではなく、発送の依頼を誰かにしておかなければなりません。

ま、そんなこと頼めるのは、かなり親密度の高い誰かと言うことになりますが、 仲が良くて一緒に旅行しててふたりとも・・・・ってな時には発信できません。 (有料サービスだけに支払いが滞ったら督促いれて死亡を確認した際は別な意味で自動的にメール発信されるのかも知れませんが・・・)

どうしてこのサービス名が『走れメロス』になったのか・・・

以下引用

このサイトを利用するには、あなたの最も信頼できる友人に、あなたの死後、遺言メールを送信する 「送信コード」を託さなければなりません。
 太宰治「走れメロス」で、メロスの身代わりとなったセリヌンティウスが、自らの命を託して親友メロスを信じました。 あなたが最も信頼できる友人、自分の死後、間違いなく「送信コード」を入力してくれる友人。あなたにとっても、その人がメロスなのです。

・・・とのこと、妙に凝っています。

そうそう、良くサイトを見てみると無料のお試しコースもあるみたい・・・

 

けどね

戦國の『メロス』を誰にするのか・・・・メッセージを考える以上に難しそうです。

posted by 戦國ポラール at 02:11| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | “φ(σ_σ*)゛ メモメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sony Ericsson、初のウォークマン携帯を発表

  Sony Ericsson、初のウォークマン携帯を発表

先日修理に出していた携帯ですが、もちろん修理なんか出来る訳なんか無く、新品で帰ってきました。

で、

出るという話は聞いていましたが、ウォークマンブランドの音楽携帯電話が海外で発表になった模様。

最近、ほとんど『』 の欧州マシンを次世代機として日本語ローカライズさせた携帯を販売しているボーダフォンぐらいが国内で出せば結構売れそうな予感。

いや、マジでMP3プレイヤーと携帯電話が融合したらかなり売れると思うんですよね、そう、 テレビを内蔵するより・・・

しかし、国内で先行しているのはハッキリ言って音楽業界よりな『着うたフル』 みたいなコンテンツでも儲けてしまおうって魂胆が見え見えなビジネスシステム優先型・・・。

そりゃ、儲けることがビジネスですから悪く言いませんが、作って売れてナンボなメーカーさん、 シェア取ってナンボのキャリアさん共々

出したモン勝ちとちゃいまっか!!

そもそも画像データ送って儲けようとしたカメラ付携帯電話戦略も取り外し可能なメモリー採用することによって実用的になったんだし。

パケ代定額化も、ある面、結果非現実的になった画像データ転送代金を実用ベースにするための策でしょ。

そう言う意味で最近出たpuremini-IIにしても決して簡単ではないが、 手持ちの音楽コンテンツを電話に転送して聴けるようにしたのはかなりの前進。

実際、携帯でしか聴けない音楽コンテンツに1曲100円以上の価値があると本気で思っている業界の皆さん、 正気でしょうか。

音楽業界の皆さん、このままじゃ音楽業界自体が日本映画界のようになっちゃいますよ。

売れるコンテンツを創り出してきたのはアーティストであり、会社ではないんです。

アーティストさんもそこら辺気づいてインディーズ出さん増えてきてますが、 システムとしての音楽業界が全国的に売れる要素を独占している現在、それらのバイアスと同調しなければ食えないという事実。

本来の機能であるディストリビューションとしての機能を最優先に音楽業界がとらない限り、 痛い目に遭いますよ

もし、戦國が仕掛けるとしたら、これらのしがらみから自由になるべく、時のヒト、 堀江モンやamazonぐらいとタッグ組んで中国なんかでコストなんかも意識してあくまで輸入盤として日本のアーティストをプロデュースするようなヤンチャなレーベルを出したいですね。

posted by 戦國ポラール at 01:06| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | “φ(σ_σ*)゛ メモメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お疲れ様でした・・・お疲れついでにクリックして下さいな blogRanking

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。