↓↓あなたの愛のクリックで幸せになれる人がいます
元祖ブログランキング

2004年11月03日

プリンタのインクを節約するソフト

INKSAVER 2.0

昨日から、発売された年賀状。

記念イベントとして東京・丸の内にある東京中央郵便局で松浦亜弥とW(ダブルユー)の辻 希美&加護亜依が事前告知無しで行われたらしい。

が、

事前告知無しだけ有って、はた迷惑なオタク軍団の襲撃は無し。

しかし、発売当日に年賀状を手にしようとする「そっち」のマニアさんには彼女たちの認知度は異様に低く、ほとんど皆様無関心の無表情・・・・

若干こわばった表情で年賀状を手渡す 彼女たちの映像には笑いました。

話変わって、このイベントしかり。 今年の年賀状のCMとプリンター大手のエプソンのCMがタイアップしているみたい。

今年の年賀状は 半分以上がインクジェット用になったように。プリンタで出力するのが当たり前になってきました。

PCの普及に伴い、実際かなり優秀な性能のものでも本体価格は安くなっているインクジェットプリンタですが、依然と高いのはプリンタのインク・・・実は、もうけはインクで稼ぐという ビジネスモデルが裏に存在しているんですよ。

某社のインクタンクにはICが内蔵されて純正以外のインクが使用できなくなっていたりするのはこのためです。

そこら辺を上手くかわした社外品インクも存在するんですが、今回紹介する INKSAVER 2.0はインク消費を綿密にコントロールして最大四倍使えるしてしまうらしい。

実際、 アマゾンの販売ページ記載の購入者コメントでも悪くない印象・・・・

戦國と同じく、プリンタドライバのステータス上では交換時期を示しているものの、半分意地になって色調がおかしくなるまでインクをしゃぶり尽くす御仁にはお薦めのソフトかも知れません。

 

posted by 戦國ポラール at 01:33| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ビックリネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ETCの深夜割引の裏技!?

ETC深夜割引

11月に入って、新紙幣と携帯電話の運転中使用取り締まりが始まったことは各メディアが大々的に取り上げていますが、ETCの夜間割引も今月からスタートしたんですね。

みんなイーティーシーってお読みかと思いますが正式にはイーテックと言うらしい。各メディアの報道なんかでももっぱらイーティーシーが通り名になっていますが・・・

で、利用したくても利用できないバイク乗りからの不満が聞こえる、ETC普及に向けてなりふり構わないこの施策ですが、簡単に説明しちゃえば午前0時から午前4時の間に対象道路上にいればOKと言うことらしいです。

例えば・・・

@ 午前4時01分にETCくぐって高速に入り、日付変わって午前0時01分にETCくぐって高速をおりる場合

A 午前3時59分にETCくぐって高速に入り、午後11時59分ETCくぐって高速おりる場合

いずれも夜間割引適応になるみたいですね。

注意点はいくら適応道路を利用したとしてもETCの設置されていない料金所使うと夜間割引は適応できない点。

前払い制度との併用割引は可能、ただしH17年1月11日開始の通勤割引、早朝夜間割引 や H17年4月1日開始  マイレージ割引、大口・多頻度割引との兼ね合いについては不明。

ま、最大限利用しましょう。朝の駆け込みは頻度少ないかも知れませんが、高速おりる時間が微妙な時間帯になったらPAやSAで休憩長く取って0時以降に高速出ましょう。

現在高速の二人乗りが禁止されているバイクなんて、一台あたり一人しか乗れず、道路にも優しいのに軽自動車並みの通行料金取られている 超被差別クラスなんだから国交省さん早急に何とかして下さい。

ご参考までに、日本のETCの先輩に当たり、ほぼ同じハードウェアを採用するシンガポールのロードプライシングシステムはバイク用の車載器有るんですから・・・・噂によれば白バイにはすでに採用済みだとか・・・・

posted by 戦國ポラール at 00:51| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | “φ(σ_σ*)゛ メモメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お疲れ様でした・・・お疲れついでにクリックして下さいな blogRanking

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。